恐竜博2011 VOL2

2011.09.15.Thu.23:39
更新が遅くなりましたが恐竜博2011の続きです。 
 
全身に羽毛をもつ化石が発見されたことから
恐竜はすでに羽毛を体得していたと考えられています。
kyoryuhaku_0051f.jpg 

当時の哺乳類は一歩的に食べられる存在であったとされていましたが
意外にも恐竜の子供を捕食する哺乳類がいたことが明らかになりました。
kyoryuhaku_0053f.jpg 

レペノマムスの化石
胃の内容物から恐竜の子供を食べていたことがわかりました。
kyoryuhaku_0055f.jpg 

トリケラトプスとティラノサウルスがどのようにして、
巨大化していったのかという記事。
kyoryuhaku_0054f.jpg 

ジュラ紀から発見された唯一の角竜類。
kyoryuhaku_0056f.jpg 

インロングの頭部の化石
kyoryuhaku_0057f.jpg 

肉食恐竜のラプトレックスは小型でありながら
前足が小さいという特徴があります。
kyoryuhaku_0060f.jpg 

ラプトレックスvsブシッタコスサウルスの化石
ラプトレックは獣脚類でブシッタコスサウルス角竜類です。
kyoryuhaku_0059f.jpg 

白亜紀最末期
この時代に登場したのが、最も人気がある
トリケラトプスやティラノサウルスです。
kyoryuhaku_0064f.jpg

トリケラトプスの頭部の化石
kyoryuhaku_0065f.jpg 

最新の研究に基づいたトリケラトプスの全身骨格。
kyoryuhaku_0066f.jpg 

最新の研究でトリケラトプスの前足の姿勢が体の真下に伸ばす
直立型であるという説が有力になっています。
kyoryuhaku_0067f.jpg 

前方から眺めると巨大な角とフリルが印象的です^^
kyoryuhaku_0069f.jpg 

トリケラトプスの最大のライバル、ティラノサウルス
kyoryuhaku_0071f.jpg 

ティラノサウルスの歯型がついたトリケラトプスの
化石が発見されたという内容の記事。
kyoryuhaku_0073f.jpg 

両雄を一つにまとめてみました。
当時はどちらも勝ったり負けたりしていたのでしょうね・・・
kyoryuhaku_0072f.jpg 

恐竜博2011は以上です。

開催は10月2日(日)迄なので
興味のある方はお見逃しなく^^


スポンサーサイト
コメント
こりゃ男としては興味深々だな~^@^
子供の頃は近くの崖で貝殻の化石を見付けただけでも興奮したものだよ^^
この時代に恐竜と共存していたらと思うと・・・こわいですね。

ティラノサウルス定食とかあったかも

恐竜側からは、人間定食だったかも (^ー^* )フフ♪
羽毛まで化石ででたの??
恐竜より
恐竜の赤ちゃんを食べる巨大ネズミのが怖い
今の時代にいなくてよかった(;´^`lll``
骨格だけ見てると なんだか可愛く見える^^
でも実際にいたんだものなぁ。。。
そう考えると 不思議ですねぇ
実物はやっぱり怖い生き物だったんでしょうね;;;
Re: タイトルなし
23
強い者への憧れがあって
昔から恐竜が好きでした^^;
Re: タイトルなし
サーフさん
この時代に恐竜と共存していたら
いつ食べられてもおかしくないですねえw
人間は食べてもまずいって思い込ませないと^^;
Re: タイトルなし
伯苑さん
中国の遼寧省で次々に新しい化石が発掘されているようです。
太古の時代、とんでもない生物が地上を支配していたんですね^^;
Re: タイトルなし
saryさん
骨格だけでも、すごい迫力ですよね。
恐竜が地球上を支配していた時間に比べたら
人間はまだ誕生したばかりくらいの差があります。

管理者にだけ表示を許可する